お知らせ 会の紹介 インフルエンザ脳症とは? こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
「小さないのち」は、1999年春に、インフルエンザ脳症で子どもを失った2人の母親が立ち上げたセルフ・ヘルプグループです。子どもの「いのち」について語り合いながら、この先の人生に新たな意味を見出すことを目的として運営しています。

 現在、会には3つのグループがあります。後遺症グループ(脳炎脳症の後遺症児および脳死状態の子どもの家族)と、病児遺族グループ(さまざまな病気で子どもを失った家族)と、不慮の事故遺族グループ(子ども本人または親自身による予期せぬ過失で子どもを失った家族)です。
病児遺族グループの部屋
後遺症グループの部屋
不慮の事故遺族グループの部屋
会代表と事務局長の部屋
グリーフケア研究会
  ▲お知らせの最新号へ
  ▲お知らせの一覧へ
会員の生の声を紹介します。
小児医療の認識を深め、今後の医療の充実を求めていくために、アンケートにご協力ください。
喪失家族
医療関係者
Illustration: 日高真澄