「小さないのち」小さないのちの取り組み--2014年 近畿新生児研究会 抄録
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2014年12月20日
2014年 近畿新生児研究会 抄録
NICUにおけるグリーフケア 医師や看護師にできること

こども遺族の会「小さないのち」 
 坂下 裕子


重い病気をもって生まれた赤ちゃんや、
難しい出産を越えて誕生した赤ちゃんを、
やむなく看取ったお母さんたちにインタビューしました。

つらいなかでも、医療スタッフによくしてもらったことを、
皆さんしっかりと覚えておられました。
語られた内容を分類したところ、
不満を感じたのは治療中に集中しているのに対し、
満足を得たり感謝を覚えたことは、治療中はもちろんのこと
看取り前後や死別後に至るまで広い範囲にわたっており、
数のうえでも上回りました。
そこには、いま起きていることを理解できることが
とても大事であることが示唆されました。

深刻な状況のもとで、理解を進めていくための支援
について検討できればと思います。
とりわけ、誰もが抱く、なんで?なんで!という問い
との向き合い方や、行き違いやすい言葉のはたらき、
裏目に出やすい言い回しの扱いなども考えたいと思います。
あわせて、看取った家族に役立ててもらいたい「グリーフカード」を
紹介します。