「小さないのち」小さないのちの取り組み--小児科医の過労問題
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2009年05月05日
小児科医の過労問題
中原利郎先生(小児科医)が、過重労働による過労から欝病を発症し、
1999年に病院屋上から飛び降りて亡くなりました。
享年44歳でした。
いまご遺族は過労死として病院の責任を追求し、裁判されています。
発言の要請がありましたので、会員を代表し、下記の文章を送らせていただきました。

Link 中原利郎先生の過労死を認定する会




かぜのような症状から急変し、
重度障害児となったり死に至ったりする、
小児特有の深刻な疾患があります。
親たちはぐったりした子どもを抱え、
無我夢中で小児科に転がり込みます。

私自身は、不幸な転帰をたどった子どもの
家族を見守る立場にありますが、
小児科は、これまでどれほど多くの子どもの
命と健康を守ってきてくれたことでしょう。
子どもと家族の暮らしを、根底で支えているのが
小児科医だと思います。

その使命が、中原先生の肩に
あまりにも重く伸し掛かったことを思うと、
保護者としていたたまれず、
申し訳のない思いさえします。

中原利郎先生の過労死が広く認められ、
この訴えが礎となって小児科の勤務体制が
よくなっていくことを願って止みません。

インフルエンザ脳症の会/病児遺族の会「小さないのち」代表 坂下裕子