「小さないのち」日々のささやき--善意の言葉はてごわい
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年12月26日
善意の言葉はてごわい
小さな子どもを亡くした親も、大きな子どもを亡くした親も
いずれも、ほぼ共通して
「自分の親が亡くなったとき、あまり悲しめなかった…」
と言っているように思う。

先日、そのことを、子どもを亡くした母親が言ったので
そうだなあ、と思って聞いていた。すると
その場にいた(子どもを亡くしていない)人が言った。

「亡くなった〇〇ちゃんが、そうしてくれたんですね」

意味がわかりにくい、というか、おかしいと思った。

母が、祖母の死を悲しまなくてもいいように
〇〇ちゃんは、もっと悲しい死を先に経験させてくれた
みたいな意味にとれてしまう。

うっかり口から出てしまう言葉、というものは、ある。
その場合、一言で止めることだと思う。

この話は、まだ続いたから、おかしいと感じた。

お母さんは、一瞬、返事に困った様子で
「あ、ええ」とだけ返した。

これを同意と受け取ったようで
「〇〇ちゃんも、安心していると思います」
まで言っちゃった。

きっと〇〇ちゃんは〜〜〜〜だと思う
という言い回し、
遺族に響くときと、そうではないときがある。

コレ、遺族に、いつまでも悲しまないでいてほしい
という一方的な思いに乗せて、発せられることも多い。

こうした「言う側の安心」のための言葉に
「あ、ええ」
と受け身にとどまる遺族の姿、よく目にする。

善意とは、てごわい。