「小さないのち」日々のささやき--小さいから友だちがいない
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年12月22日
小さいから友だちがいない
別の会の方と、一緒に講演する機会があった。
その方は、大きなお子さまを亡くされている。

子どもは、小さくても大きくても、
亡くすと、同じようにつらいと思う。

亡くした親が言うことも、ほとんど共通するが
決定的に違うことが、1つある。

それは「子どもの友人」の存在。

大きな子を亡くすと
友人が残る。
友人も、遺族のように残る。
とても悲しんでくれる。
ずっと忘れないでいてくれる。

悲しみを共有できると同時に
思い出も共有できる。

だから親は、その子たちを心から大切に思い
交流を喜び、受験を応援し、合格を喜び
卒業を祝い、就職を祝い、結婚を祝い、、、、、

私は、そういう人々の姿を、ずーっと見て来た。

あゆみのように小さいと
そもそも出会いが限られ、友だちが存在しない。
それが残念だったなあ、と思う。

小さな子どもを亡くした親の多くが
元気に暮らす同じくらいの子の姿を、「つらい」
と感じてしまうのは
相手が、わが子の友人ではないからだと思う。

ひがみだとか、ゆがみだとか、そんなことよりも、
無縁だから、だと思う。