「小さないのち」日々のささやき--ドラマを見ながら独り突っ込み
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年12月06日
ドラマを見ながら独り突っ込み
きょうドラマを見ていて、思った。
こういうストーリー(脚本)を見て、世間が影響を受けるのか?
世間の傾向が、そうだから、ストーリーも合わせているのか?
2本見て、2本とも思った。

1つめのドラマでは
一人息子の命を過失運転で奪ったうえに、反省が見られない犯人を
憎み続ける妻に対し、夫が、
「いつまでも恨むのはやめよう。もう太郎のことは忘れよう」

なんてこと、実際のところ、言う?
ない。ない。あり得ないだろう。

人を恨むだけの生き方に対し、別の考えを言う、ということは
あるかもしれない。けれどもその方法として、
だから息子を忘れよう という発想は、
想像もつかないし、必要もない。

遺族はみんな、
亡くなった大切な人を、自分の人生から切り離したりせずに
生き方を模索し続けている。

2つ目のドラマでは
お母さんを亡くした少女が、化粧品売り場で、
口紅を見てお母さんを思い、万引きをしてしまう。

女性警察官が、「亡くなったお母さんのことを想っていたのね?」
ここまではよかった。
「お父さんがいるじゃない」

お父さんが悲しむよ、と言ったのではなく、
お母さんはいなくても、お父さんがいるじゃない
と言う、意味がわからない。

お父さんは、お父さん。
お母さんは、お母さん。
だよね?

脚本が先か?世間が先か?
もしかしたら、
世間は、そこまでバカじゃないのに、
あの程度の脚本しか書けない作家が、多いのかもしれない。