「小さないのち」日々のささやき--話を聴いているときの目
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年11月20日
話を聴いているときの目
先日受けた研修で、
しょっちゅう行われているワークを、また、やった。

2人1組で、
うなずきながら話を聞く、ということをして、
そのあと、知らんぷりで聞き流す。
そして
あとのほうをどう感じたか、感想を述べる、というワーク。

「ほんとに聞いてくれてる?」「この人に話しても無駄や」
そんな感想が続く
ということが、たぶん、ほぼ全員予想できている
にもかかわらず、
講師の先生は、全員にマイクを回して回答を求め、
たぶんほぼ全員が、これ意味ある?時間だいぶん稼いでる〜
と思っているだろう空気が、会場をうごめいた。

ところが私は、
「ほぼ全員」に含まれていなかった。
自分でもびっくり。

私にとっては、「うなずきながら聞いてもらう」の2分間も
「知らんぷりで聞き流される」2分間も、
どちらも良かった。

まず、何話そう?と思った。
最近あったこと、というと・・・
そうだ!
義姉からディナーに誘われていること、にした。
これは、とっても謎のこと。

  ダンナから、「おねえから食事のお誘いです」
  というメールが届いた。
  私、慌ててダンナに電話し、
  なんで?? 彼氏紹介されるとか!と言ったら ←独身だから
  「それやったら俺も呼ばれるやろ」と言うので、
  えっ?私だけ! えっ?? なんなん?なんなん?
  大慌てになり、そうや!と、思いついたのが
  姑のところへ、最近ぜんぜん行っていない、お咎めや…
  これに違いないと思い、少し震えたが、
  「だったら大丈夫。おねえもぜんぜん行ってないから」
  と知らされ、大きく肩をなでおろし、
  だったらなんで?!?!
  と、謎はさらに深まって

のところでチャイムがなった。

講師から、「もう一度同じことを話してください」  ←通常この手はワークはそう
という指示があったのかもしれないが、
私のあたまは、「なんでやろ」一色になって
さっきの続きを話してしまう。

  初めてのことなんです。結婚以来というか、出会って以来。
  すごい謎なんですけど、できれば、何か
  お礼の品、というか
  プレゼントみたいなものを持参したいな。
  あーーー
  何がいいのか、ぜんぜんわからない。
  お姉さんの趣味も、好きな洋服の色も、なんにも。
  それくらい距離があったんや…
  あ、だからかな?
  だからゆっくり、食事でもしながらお話ししましょう
  ということなのかも!
  
のところで、またチャイムが鳴った。

4分間の、むしろ後の2分が、私に悟りを与えていた。
聞き流す相手を前に、一人語りで。
なので、このワーク、私には「意味あった」と言える。

ふと、一人語りでも整理されていった?
と思ったが、
いやいや、そうではなかったのだと思う。

相手の人は、「知らん素振り」で
実際、聞いてくれていた。目が。