「小さないのち」日々のささやき--正しい募金の集め方って?
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年10月21日
正しい募金の集め方って?
町内会の役員になっていて、いま募金を集めている。

雨続きで、私自身はまだ集められていないのだけれど
すでに集め終えた人が、届けに来てくれる。
で、ちょっとびっくりしたのが、
しれくれない人が、結構いるらしい。

赤い羽根?刺さると痛いから、要りませ〜ん
って言われて、募金もしてもらえず・・・ と嘆かれ
せっかく回ってくれた人に、同情した。

今は針付いてません。シールだから刺さりませんよ
って言えば?など、到底言えなかった。

ダンナに、募金しない家があるんだって
と言ったら、
募金を集めて回るのは、おかしいんじゃない?
と言うから、またもびっくり。

ダンナは、街頭で、募金箱を持って立っている人がいたら
自分からそこまで行って、入れる。しかし
向こうから歩いて来て「お願いします」と言われたら、しない
と決めているらしい。
ぜんぜん知らなかった。

それ聞いて、募金を集めに回るのが、不安になってきて
ダイキに尋ねてみた。
ダイキは、町内会から募金が回ってきたら、するらしいが
ついでに、たしなめられた。

ダイキ: 「募金お願いします」は言わんとき。

わたし: え?じゃあ何て言うの??

ダイキ: 募金、しますか?

わたし: えーーなんか、へん。

ダイキ: へんなことあらへん。それがまとも。

わたし: えーーー

ダイキ: お願いします、と言うことによって、自分の意思が入るやろ?

わたし: 入るかなあ?でも、まあ、せっかく回ってるから、まあ確かに。

ダイキ: 集める人の意思は、入れたらあかん。

わたし: 確かに。

ダイキ: 「して欲しい」がなければ、しない人に、平気でいられる。

わたし: んー もう町内で集めるとか、やめたほうがいいんじゃない?

ダイキ: それは続けたほうがいいよ。募金したくても体が不自由とかで、しに行けない
     という人のためには、町内会が回って行きますよ、のシステムはあったほうがいい

わたし: ああ、やっぱり、あったほうがいいのね。

なるほど、と思ったものの
でも実際、「募金、しますか?」は、どうも言いにくいなあ。

「赤い羽根募金です〜」ってことに、しとこかな。

ところで、回覧板に、目標額〇〇〇〇〇〇円と
宣言しているみたいな一文があったのを、思い出した・・・