「小さないのち」日々のささやき--やさしい市バス〜ひどい市バス
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年10月04日
やさしい市バス〜ひどい市バス
先日、自転車が壊れていることに気づき
大急ぎでバス停へと走った。
走っているバスを追いかけて、ダメかも、と思いながら
諦めずに走ったら、どうにか乗れた。

親切な運転手さんだと思った。

ありがとうございます!と駆け込んだら
「だいじょうぶですよ」と言ってくれた。

ダイキはきょう、ひどい運転手に遭遇した。

ダイキが車を運転できないいきさつは、先日書いたとおり。
雨が降ると、バスで駅まで行くしかない。
早朝の部活もあって、なかなか大変。朝起きるのが。

ぎりぎりになるが、3分でバス停まで走るので
乗り遅れたことは、一度もない。

ところが、きょう
バスは1分早く出て行ったと言う。

そんないい加減なこと、するだろうか?
したらしい。

アタマにきて、追いかけたと言う。
バス停を過ぎてから、止めて乗車させるはずもないのに
意地になって追いかけたら
追いついて、運転手と目が合った。が、
そのまま走り去ったと。

そりゃあ悔しかろう。
だったら、その悔しさバネに
車の運転を始めよう。そろそろ。