「小さないのち」日々のささやき--さえぎってしまった大事なお話
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
坂下裕子の不定期日記 日々のささやき
小さないのちの取り組み
立石由香から事務局だより
Pfizer
2017年09月21日
さえぎってしまった大事なお話
何で気づかなかったんだろう。

学者や医師が集まるある会議が、定期的に招集される。
私は、そのどちらでもないが、一員となっていて、
その日、メンバーが1人入れ替わったので、名刺交換した。
ああ、大学の偉い先生なんだあ。

お顔を見ても、お名前を見ても、それ以上のことは感じず
会議は終わり、
別の人と話されている言葉が耳に入ってきたとき
「えっ!私も同じ病気で子どもを亡くしたんです」
と、思わず割って入ってしまった。

返ってきた言葉に、驚いた。
「はい。小さないのち、入っています」

えーーー
「つどい」にも来てくださっていたし
何で、わからなかったんだ。
10年以上は経つけれど、気づけないなんて。

私は、お母さんばかり見てたんだな。
お父さんは、じーっと見れないからか?
いや、これは言い訳だ。

あともう1つ後悔したこと。

「私、一番いけないことは、人の言葉をさえぎることだと思っています」
と思い切って言った。
「さっき、娘が亡くなったとき、と話されていた、その続きは
何を話そうとされていたんですか」
そう尋ねたら

「え? ああ、忘れちゃいました」って…

大事に扱いたい話だったに違いない。
そして
こんな風に、いきなり巻き戻されたくなかったかもしれない。

ぜんぜん、人のことも、人の気持ちも
大事にできてないなあ。