「小さないのち」喪失家族--旭くん
ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
Pfizer
2006年05月12日
旭くん
 いつもは寝たままあおむけで移動して遊んでいました。
でも私が座らせてあげると、数分間上手にお座りできました。
筋力が弱く、油断すると後ろへ倒れるんですが…

 この写真は私が一番大好きな写真です。
毎日持ち歩いています。
この笑顔でいつもまわりを明るくしていた旭。

 いつまでもずっと大好きだよ、旭。 
                    おかあさん

旭くん


(以下、あとでおかあさんがくれたメールです。胸があたたかーくなりました。)
画面で旭を見て
「あっくん!」って思わず言いました
この服の背中には(AKIRA)って名前が書いてあります
おばあちゃんが特注で購入してくれました
赤を着せると健康になる気がして
力強く生きてほしいと願って
よくこの服を着せていました

あらためてこの写真を見て
やっぱり生きた旭に会いたくなりました
今頃はもうハイハイも上手になってたかなぁ・・・
旭のように
これからにっこり笑って
自分もまわりも明るく生きていけたらいいな・・・
と思いました