ホーム
お知らせ 会の紹介 こころのケア 書籍販売 リンク一覧 会報
最新号
一覧へ
Pfizer
2017年12月06日
第9回交流講座 発表者からの「回答」など
9月19日「子どもの死とグリーフケアについて考える交流講座」で、紙面でいただいた
ご質問への回答です。

質問@
3回目、解剖の結果を産科の先生にお話し産科の先生は、じっと話を聴かれていたのでしょうか。そのお母さんに対する意見みたいな言葉はまったくなく、話を聴き続けてくれたのでしょうか。話を聴いてくれたことが、お母さんの心を和らげることへとつながったのでしょうか。

回答@
はい、私の話を遮られることや意見されることはなかったです。
退院後、3度も産科医師の元に伺いましたが、どの時も同じでした。
質問には、きっちりと医学的に答えを下さり、私の話にはじっと耳を傾けてくれました。
その為、いやな想いをすることはありませんでした。その対応が、心を和らげてくれたかどうかまでは難しいところですが、これ以上何も産科に求めることはないという気持ちになりました。

質問A
今、事故して天国に行っても何もかまわないと思われていますが、それはすべてのお母さんに共通する思いでしょうか?
 病院の対応がわるかったら、そういう思いは強くなるのでしょうか?難しい質問ですが気になります。よろしければ教えてください。

回答A
全てのお母さんがどうかは、分かりませんでしたので、遺族会のお母様方に質問してみました。話が出来た6名の方に関しては、全員私と同意見でした。
ただ、誤解のないように強調したいのが、「死にたい」ではなく「いつ死んでもいい」と思っているということです。皆、死んだら我が子に会えると信じています。
これは、病院の対応には全く関係なく、「ただ亡くなった子に会いたい」その気持ちが私たちには強くあるのです。

質問B
 当院NICUでは、きょうだい面会は、時間を区別してだれでも会えるようにしているのですが、それぞれのルールがあり難しいと思います。自分だったら腹膜炎を起こされたとき、これからの予後がさらに厳しい事をありのままにお伝えし、カンファレンスでスタッフの同意を得て、お姉ちゃんの面会を決断したかなと思います。でも、それは=(イコール)本当に厳しい現実であり、ご両親に先の希望を持てなくさせてしまったかなとも思います。親としてどう考えられたでしょうか?「伝え方」って大事ですよね。厳しいけれど赤ちゃんの未知の力もあるかもしれません。その辺りを配慮してでも、特例「きょうだい面会」があったらどうだろうかなと思いました。
 本当に今日はありがとうございました。

回答B
息子の場合は、産まれてすぐからずっと、「非常に厳しい状態」「いつどうなるか分かりません」と言われ続けていたので、特例面会をしてもらえたら良かったと思います。
また仮に、ずっと厳しい状態じゃなかった場合を想像してみましたが、私の場合は事実をハッキリを伝えてほしいという性格ですので、『兄弟面会を提案されることイコール、最悪の時が近づいている告知』だったとしても、やはり教えてほしい、兄弟面会をさせてほしいと希望します。